結果発表

みなさまから、たくさんのご応募とご意見をいただいたロゴマークの最優秀作品が決定しました。
ウィズコロナ・ポストコロナの時代に、「新しい万博」を彩り、「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマを力強く表現するロゴマークが生まれました。
大阪・関西万博のシンボルとして世界中から愛され、親しみを持たれるロゴマークを目指していきます。
2025年に向けて一緒に盛り上げていきましょう!

最優秀作品

デザインコンセプト

踊っている。跳ねている。弾んでいる。
だから生きている。
きっと心を踊らせるサイエンスやテクノロジーの発見。
だれもが飛び跳ねたくなるエンターテイメントの興奮。
つい胸を弾ませてしまうアートやクリエイティブの感動。
それらは人の身体のずっとずっと奥深くにまでとどいて、いのちをささえているCELL(細胞)たちにも元気をあたえてくれる。
2025年大阪・関西万博という、わたしたちがもうすぐ出逢える新しい未来。
一人ひとりの個性が躍動しながら集まって、緊がって、そこにはきっと、いのちの輝きがあふれている。

(※ロゴマークのコンセプトについては内容をより分かりやすく伝えるために、応募時のものから一部表現を変更しております。)

受賞者

グループ名
TEAM INARI(チーム イナリ)
作者(代表者)
シマダ タモツ
生年
1965年
職業
アートディレクター/
   グラフィックデザイナー
グループメンバー
雨宮 深雪(あめみや みゆき)
大亦 伸彦(おおまた のぶひこ)
上村 慎也(かみむら しんや)
布川 侑己(ぬのかわ ゆうこ)
藤澤 勇佑(ふじさわ ゆうすけ)

意見募集レポート

メッセージ付きロゴマーク使用申請

大阪・関西万博の機運醸成のために無償でご使用いただけるメッセージ付きロゴマークをご用意しました。
使い方などの詳細につきましては、以下使用申請サイトより詳細をご確認いただき、申請のうえ使用願います。